食欲を抑える方法は?食欲が止まらない時におすすめの食欲の抑え方を紹介

食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

PR_提供CLINIC FOR

「食欲を抑える方法が知りたい!無理なく食欲を抑えて食べ過ぎを防止できたら、ダイエットできる気がする!」

 

痩せたいのに気づいたらつい食べ過ぎてしまった、という経験は誰もがありますよね。

食欲を抑えられる方法を知り、ダイエットに成功したいと考える人は多いのではないでしょうか。

 

  • 食欲を抑える方法は?
  • 今すぐできる食欲をなくす方法は?
  • 日常生活で意識するポイントはある?

 

そういうわけで今回は、『食欲を抑える方法』について、様々なやり方を詳しくお話ししていきます。

食欲を今すぐなくす方法や日常生活で意識するポイント、食欲を抑えるツボ押しについても触れていくので、ぜひ参考にしてみてください!

 

この記事のまとめ

・今すぐ食欲を抑えるには、「歯を磨く」「ガムを噛む」「何かに集中する」のが効果的。

・日常から食欲を抑えるためには、よく噛む、野菜から食べるなど意識すると良い。

・本気で食欲を抑えて痩せたい方は、痩せるホルモン『GLP-1』のメディカルダイエットがおすすめ。

・GLP-1は満腹感を持続、血糖値の上昇も抑えるので、自然と食欲を抑えて痩せることができる。

クリニックフォアなら、1日1回内服薬を飲むだけ、全てオンライン完結ですぐに始められる。

\ GLP-1で体重減少&太りにくい体質に /

※医師推奨!1日1回内服薬を飲むだけ

 

目次

食欲を抑える方法とは?食欲が止まらない時に速攻で食欲を抑える方法

食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

 

食欲を抑える方法は色々とありますが、今すぐできる速攻で食欲を抑える方法には、こちらをおすすめします!

 

  • 歯を磨く・マウスウォッシュで口をゆすぐ
  • 白湯や炭酸水・レモン水を飲む
  • 運動やエクササイズをする
  • 清涼感のあるガムを噛む
  • 熱中できるようなことに取り組む
  • 気分が悪くなるようなことをする

 

いずれも簡単に実践できる方法ですので、今すぐ食欲を抑えたいと考える人は、上記のような方法を意識して取り入れてみてください。

これらの中で簡単にできることから実践し、食欲をなくしていきましょう!

 

ここでは、今すぐできる食欲を抑える方法について、それぞれ理由などを詳しくご紹介していきますので、ぜひ試してみてください。

 

歯を磨く・マウスウォッシュで口をゆすぐ

 

歯を磨いたりマウスウォッシュで口をゆすいだりすることで、口腔内がスッキリします。

そこで「また食べ物で口の中を汚したくない」という心理が働き、食欲を抑えられるんです。

 

もし何か食べてしまった場合でも、歯磨きの直後は口の中に苦みを感じることがあるため、おいしく感じられないんですね。

なので、食べるのをやめようという気になるんです。

 

また歯磨きでせっかく綺麗になったのだから、食べることをためらう人もいるでしょう。

さらに歯磨きやマウスウォッシュをすることで、脳が「食事が終わった」と認識します。

 

脳からの指令により自然と食欲をなくせるので、歯磨きやマウスウォッシュはおすすめです。

ただ、歯磨きやマウスウォッシュのしすぎには注意しましょう。

 

あまり回数を重ねると、唾液の分泌が減ったり口腔内を傷つけたりして、トラブルを引き起こします。

そうならないように、適度な回数を守るようにしてください。

 

【※本気で痩せたい方へ】

食事制限や運動なし!痩せるホルモン『GLP-1』を体重減少&太りにくい体質になる方法!

 

白湯や炭酸水・レモン水を飲む

食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

 

白湯や炭酸水・レモン水を飲むことで、一時的に満腹感を得られるため食欲が抑えられます。

食事の量を制限したり、食欲をコントロールしたりできるんです。

 

ちなみに白湯や炭酸水・レモン水にはほとんどカロリーがないため、飲み続けても太ることはありません。

ただし市販の炭酸水やレモン水で甘味料や香料が含まれているものには、カロリーが含まれています。

 

したがって、飲みすぎに注意しましょう。

以上を踏まえたうえで白湯や炭酸水・レモン水を飲むことで、口の中が潤い、口寂しさを満たして食欲をなくせるはずです。

 

運動やエクササイズをする

 

運動やエクササイズをすると、一時的に食欲を抑えられるでしょう。

体を動かすことで、気分がリフレッシュされたりストレスが軽減されたりして精神的な満足感が得られるんですね。

 

その影響で、過食や衝動的な食欲を抑えられます。

また運動やエクササイズをすると、体温の上昇やエネルギー消費を増加させ、脳内の神経やホルモンのバランスが変化することも。

 

これによって食欲をなくすこともあるんです。

「心地いい」と思える程度に適度に体を動かして、達成感を得られるよう調整しながら進めると良いでしょう。

 

ただし、普段から体を動かす習慣のある人は問題なく進められるかもしれませんが、これから始める場合は少々億劫になることも。

 

そんなときは、簡単ですぐ終わるものから始めてみてください。

運動やエクササイズは続けることに意味があるため、いきなりハードルが高いものは避けるようにしましょう。

 

\ 食事制限や運動なしで痩せたい方へ /

 

清涼感のあるガムを噛む

食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

 

清涼感のあるガムを噛むことで口の中を刺激し、唾液の分泌が増加するため口腔内がスッキリします。

これにより、食欲を抑えられるんです。

 

またガムを嚙む習慣をつけることで満腹中枢が刺激され、少しの食事でも満腹感を得られるようになります。

さらに食欲をコントロールできるため、徐々にあまりたくさん食べなくても大丈夫な体になっていくんですね。

 

食前にガムを噛むだけでなく、食間に食べるのもおすすめです。

 

というのも、少し空腹を感じ始める食間にガムを噛むことで、気を紛らわせたり間食したいストレスを軽減したりできるから。

そのため、食欲を抑えるための気軽な方法としてガムを噛んでみるといいでしょう。

 

また、こちらの記事でも「ダイエット中にお腹がすいた時の対処法」について詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ダイエット中にお腹がすいたらどうする?空腹になりにくい工夫も!

 

熱中できるようなことに取り組む

 

熱中できるようなことに取り組むと興奮や集中状態に入るため、速攻で食欲を抑えやすくなります。

たとえば趣味・スポーツ・もの作り・仕事など、興味を持ち情熱を傾けられる活動に熱中することで、食欲を忘れられるんです。

 

これは脳が興奮や集中状態に入ると、食欲を制御する神経回路が一時的に抑制されるためだと考えられています。

 

興奮状態に入ることで、ストレスによる食欲の増進が防げるんですね。

 

なので、時間があれば何かを食べてしまう人は、食べ物以外に熱中できるものを探してみてはいかがでしょうか。

リラックスするために、YouTubeやNetflixなど、好きなものをぼーっとしながら観るものでもいいでしょう。

 

とにかく意識が食べることに向かないようにするためなので、「本当にこれでいいのか?」と罪悪感を感じる必要はありません。

 

いろいろと模索しているうちに、熱中できるものが見つかることもあるはずです。

なので最初は気軽な気持ちで、何かに取り組んでみてください。

 

気分が悪くなるようなことをする

 

気分が悪くなるようなことをすると、一時的に食欲を抑えられます。

たとえば、乗り物酔いや体調不良による吐き気や嘔吐、強いストレスや不快な状況にさらされることなどが挙げられるでしょう。

 

これらの状況によって胃腸の働きが乱れたり、食欲を抑制する神経回路が活性化されたりするんですね。

なので、気分が悪くなるようなことをすると速攻で食欲が低下します。

 

ただし、わざと気分が悪くなるようなことを行うのはあまりおすすめしません。

なぜなら、健康に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

 

乗り物酔いなどは一時的なものですが、自ら強いストレスを感じたり不快な状況に身を置くことはかなりのリスクがあります。

気分が悪くなるようなことをすると健康を損なう可能性があるため、適切な方法で食欲をコントロールしていきましょう。

 

本気でダイエット成功したい方へ!1日1回飲むだけのメディカルダイエット

1日1回飲むだけのメディカルダイエット

・本気で痩せたい方は、痩せるホルモン『GLP-1』を使ったメディカルダイエットがおすすめ。

・GLP-1は満腹感を持続、血糖値の上昇も抑えるので、食事制限や運動なしで痩せられる。

・内臓脂肪の燃焼もサポートしてくれるので、痩せやすく太りにくい身体に。

・クリニックフォアなら、1日1回内服薬を飲むだけ、オンライン完結ですぐに始められる。

\ GLP-1で体重減少&太りにくい体質に /

※医師推奨!1日1回内服薬を飲むだけ

 

食欲を抑える方法をやる前に知るべきこと!食欲が止まらない原因は?

食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

 

食欲を抑える方法をやる前に、食欲を抑えられない原因について知っておくことも大切です。

そもそも、食欲を抑えられない原因として以下のことが考えられます。

 

  • ストレス・疲れ
  • 過度な食事制限・糖質制限による栄養不足
  • 睡眠不足
  • 不規則な食生活
  • ホルモンバランスの乱れ

     

    このように、体や心に不調を抱えている状態では正常な判断ができなくなり、食欲などで一時的に満たしてバランスを取ろうとします。

    それによって、自分でコントロールできずに食べ過ぎてしまうことも。

     

    本来はお腹が空いて「空腹」で食事をするはずなのに、「食欲」だけで食べると体にも心にも悪影響を及ぼすのです。

     

    ですが、逆に「空腹」を満たす分だけ食べられれば、心も満たされて幸福感が湧いてきます。

    では、なぜ食欲を抑えられないことにつながるのかをお話ししていくので、当てはまるものがないかチェックしてみてください!

     

    ストレス・疲れ

     

    仕事やプライベートでトラブルがあったり心配事があったりすると、ストレスや疲れが溜まります。

    ストレスや疲れが原因で精神的に不安定になることで、自己管理能力や自制心が低下していくんですね。

     

    その結果、食欲が抑えられなくなることが考えられます。

    食事は一時的な満足感や快適さを得られることから、ストレス解消の手段として選ぶ人が多い傾向にあるんです。

     

    さらにストレスや疲れが溜まると、食事を楽しむことが一つの心の安らぎになると感じる人がいるのも事実。

    そのため、ストレスや疲れを溜め込まないようにコントロールしなければなりません。

     

    ストレスや疲れを感じる原因は人それぞれですが、その多くは職場や学校の人間関係なのではないでしょうか。

     

    根本を排除するのがむずかしい場合は、ストレスや疲れを癒せる何かを見つけるようにしてみてください。

     

    【※ダイエットでうまく痩せられない方へ】

    満腹感の持続と内臓脂肪の燃焼をサポート!1日1回飲むだけのメディカルダイエットとは?

     

    過度な食事制限・糖質制限による栄養不足

    食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

     

    過度な食事制限や糖質制限による栄養不足も、食欲を抑えられない原因になってしまいます。

    というのも、食事制限や糖質制限により、体が栄養不足を感じて補おうとするから。

     

    たとえば炭水化物を制限しすぎた結果、体はエネルギー源としての糖分が不足していると感じ、食欲を増加させるんです。

    また、心理的な要因も食欲を抑えられなくなります。

     

    過度な食事制限や糖質制限はストレス増幅につながることがあり、緩和するために食欲が増加してしまうんですね。

    さらに、脳内の栄養素のバランスが崩れてしまうこともあり、この状態が長期間続くと脳が食欲を増加させるよう指令を出します。

     

    このように、過度な食事制限や糖質制限による栄養不足は、身体的・心理的・そして生理的な要因から食欲を増加させるんです。

     

    食欲を抑えたいときは、無理せず徐々に食事や糖質を控えるようにしましょう。

     

    またダイエット中の人も、必要以上に食べ物を摂取しないことが、かえって逆効果になるため注意してください。

    過度な食事制限や糖質制限の反動で、食べすぎてしまう可能性があります。

     

    いずれにせよ食べ物を制限する際は、少しずつ減らすように心がけましょう。

     

    睡眠不足

     

    睡眠不足は体内のホルモンや神経のバランスを崩すことから、食欲に関連する生理的なプロセスに影響する可能性があります。

     

    したがって、食欲を抑えられなくなることがあるんです。

    また、睡眠不足が原因で食欲ホルモンである「グレリン」の分泌が増加し、食欲を刺激することも考えられます。

     

    睡眠不足は、満腹ホルモンである「レプチン」の分泌を減少させるため、食欲を抑えられなくなるんです。

     

    睡眠不足による影響はホルモンだけでなく、脳の報酬系を活性化させることもあります。

    したがって、食べ物に対する欲求を増加させて食欲が抑えられなくなるため、十分な睡眠をとることが必要です。

     

    加えて、慢性的な睡眠不足が続くと、体調不良を引き起こすこともあるんですね。

    体調不良が原因で仕事に集中できなかったり、やる気が起きなかったりしてセルフコントロールが不可能になります。

     

    そうなると、食欲も抑えられなくなるんです。

    睡眠不足は正常な生活を送れなくなる原因になるため、一度しっかり見直してみてください。

     

    【※本気で痩せたい方へ】

    食事制限や運動なし!痩せるホルモン『GLP-1』を体重減少&太りにくい体質になる方法!

     

    不規則な食生活

    食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

     

    不規則な食生活が、食欲を抑えられなくなる原因にもなります。

    食事の時間がバラバラだったり、栄養バランスが偏っていたりすることで、血糖値が乱高下しやすくなるんですね。

     

    血糖値が急激に上がると体はすぐにエネルギーを必要とするため、食欲が増加します。

    また、不規則な食生活は、食欲のコントロールが乱れる原因となるんです。

     

    体が食事を欲するときに食べないため、いざ食べ物を口にすると多くのエネルギーを吸収しようとして食欲が増すことも。

     

    さらに不規則な食生活は、睡眠の質の低下にもつながります。

    睡眠の質の低下により頭がすっきりせず、食欲を増加させるホルモンが過剰に分泌されるんです。

    そのため、規則的な食生活を送ることをおすすめします。

     

    ホルモンバランスの乱れ

     

    ホルモンバランスの乱れは、食欲を抑えられない原因になります。

    ホルモンは体内の生理的な働きを調節し、食欲や満腹感のコントロールにも関与しているんですね。

     

    なのでホルモンバランスが乱れると食欲の調節が妨げられ、食べすぎの原因になってしまうんです。

    たとえば食欲ホルモンである「グレリン」が増加したり、満腹ホルモンである「レプチン」が減少したりします。

     

    これらのホルモンバランスは、体内で適切に調節できなければいけません。

    また、ホルモンバランスが乱れることで、体内でインスリンの分泌や作用が異常になることがあります。

     

    その影響で食欲の制御がむずかしくなることもあるため、ホルモンバランスは非常に大切なんです。

     

    無理な食事制限や運動も不要!1日1回飲むだけのメディカルダイエット

    1日1回飲むだけのメディカルダイエット

    ・本気で痩せたい方は、痩せるホルモン『GLP-1』を使ったメディカルダイエットがおすすめ。

    ・GLP-1は満腹感を持続、血糖値の上昇も抑えるので、食事制限や運動なしで痩せられる。

    ・内臓脂肪の燃焼もサポートしてくれるので、痩せやすく太りにくい身体に。

    ・クリニックフォアなら、1日1回内服薬を飲むだけ、オンライン完結ですぐに始められる。

    \ GLP-1で体重減少&太りにくい体質に /

    ※医師推奨!1日1回内服薬を飲むだけ

     

    食生活から食欲を抑える方法!食欲が止まらない時に意識するポイント

    食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

     

    食生活から食欲を抑える方法として、日常から意識するとよいポイントを8つご紹介します。

    以下のように、意識的に食生活を変えることで食欲を抑え、太りにくい体質を作れます。

     

    1. 食事時間を20分以上確保する・よく噛んで食べる
    2. 野菜から食べはじめ糖質を最後にする
    3. 食事を規則正しく3食バランスよく食べる
    4. 適度な量の糖質を摂取する
    5. 脂肪分の少ない良質なたんぱく質を摂取する
    6. 食前にレモン水や白湯をしっかり飲む
    7. 食後は食事の場から離れる・すぐに片付ける
    8. 低糖質低カロリー・硬い間食を取り入れる

       

      1つずつ詳しくお話していくので、さっそく見ていきましょう!

       

      食事時間を20分以上確保する・よく噛んで食べる

       

      食事時間を20分以上確保したり、よく噛んで食べたりすることは、食欲を抑える方法として有効です。

      ”よく噛んで食べると、食事が少量でも満腹のサインが脳に伝わりやすく食欲が抑えられることや、脳内物質の働きとして内臓脂肪の分解を促進することも知られており、二重のダイエット効果が期待できます。他にも、脳の活性化や、だ液の分泌が増え消化を助けるなどの効果もあります。”

      引用:農林水産省

       

      このように、よく噛んで食べると満腹中枢を刺激することがわかります。

      よく噛まずに食べている人は、まず意識して噛む回数を増やしてみてください。

       

      噛む回数が増えると必然的に食事の時間も長くなるため、たくさん食べなくても満腹になります。

      反対に食べ物をあまり噛まず早食いすると、脳が満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまうので気をつけましょう。

       

      食べ物をよく噛んで、十分な食事時間を確保するようにしてみてください。

       

      食事時間を20分以上確保したり、よく噛んで食べて食事の量を減らしつつ、食欲も抑えていきましょう。

       

      野菜から食べはじめ糖質を最後にする

      食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

       

      野菜から食べ始め、糖質を最後にすることで満腹感を感じるタイミングが早くなります。

      なので、最初に低カロリーかつ食物繊維が豊富な野菜から摂取するよう意識してみましょう。

       

      野菜でお腹を満たすことが、食欲の抑制につながります。

      ちなみに、野菜の中でもいも類やかぼちゃ、れんこんなどは糖質が多く含まれているため、先に食べない方が良いでしょう。

       

      葉物野菜や発酵野菜などを食べるのがおすすめです。

       

      その他の食べ物で糖質が多く含まれているものは、ご飯・パン・麺類などの穀類やでんぷん類などが挙げられます。

      一般的に「炭水化物」と呼ばれる食品です。

       

      また糖質を多く含む炭水化物を最後に摂取することで、血糖値の上昇を緩やかにできるとされています。

      急激な血糖値の上昇はインスリンの分泌を促し、食欲を刺激する可能性があるんですね。

       

      なので、食欲を刺激せず満腹感を得るために、野菜から食べるように心がけましょう。

       

      \ 食事制限や運動なしで痩せたい方へ /

       

      食事を規則正しく3食食べる

       

      一般的に、食事を規則正しく3食とることは食欲を抑える効果があるとされています。

      まず食事を規則正しくとることにより、血糖値の急激な上昇や下降を防ぐため安定するんですね。

       

      仮に1日1食しか食べず空腹の時間が長くなる場合、食事により血糖値が急激に上昇し、過剰なインスリンの分泌につながります。

       

      インスリンは食欲を増加させるため、食事はできるだけ3食にわけて血糖値の上昇を緩やかにしましょう。

       

      また、規則正しく3食食べるようにすると、満腹感を維持しやすくなります。

      お腹が空いたタイミングで食事の時間がくるので、余計な間食などをせずに済むんです。

       

      できるだけ規則正しい食事スケジュールを維持することで過食を防げ、意識して3食にわけるようにしてみてください。

       

      適度な量の糖質を摂取する

      食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

       

      適度な量の糖質を摂取することで、食欲を抑えられるとされています。

      ただし、糖質を摂り過ぎると血糖値の急激な上昇を引き起こすので注意しましょう。

       

      そのため「適度な量」が大切なんです。

      実際に、厚生労働省は日本人が1日に摂取する糖質の量は250~300g(総エネルギーの55%)と述べています。

      参考:厚生労働省)

       

      たとえば、米は茶碗に小盛1杯で糖質約35g、食パン1枚で約20~40gなど、食べ物によって差があるんです。

      だからといって、毎回糖質の量を計算しながら食べるのは面倒ですよね。

       

      なので、一般的に「炭水化物」と言われている米や麺類、パン類などを毎回食べ過ぎないようにしたり、量を減らしたりしましょう。

       

      糖質は炭水化物に多く含まれているため、米や麺類、パン類などを控えるだけで糖質を抑えられます。

      そうすることで、食欲を抑えられるはずです。

       

      【※ダイエットでうまく痩せられない方へ】

      満腹感の持続と内臓脂肪の燃焼をサポート!1日1回飲むだけのメディカルダイエットとは?

       

      脂肪分の少ない良質なたんぱく質を摂取する

       

      脂肪分の少ない良質なたんぱく質を摂取することで、満腹感を促し食欲を抑える効果があるといわれています。

      というのも、たんぱく質は消化に時間がかかり、胃を長時間満たしてくれるからです。

       

      食事の満腹感が持続すれば、間食も減らせるため食欲を抑えられますよね。

      ちなみに、脂肪分の少ないたんぱく質を選ぶとカロリー摂取を抑えられるので、食欲減退以外でもダイエットにもおすすめです。

       

      高タンパク質・低脂質の食材は以下が挙げられます。

      • 魚介類
      • 鶏ささみ・鶏むね肉
      • かまぼこ
      • 赤身肉
      • 羊肉
      • 豆類

         

        これらを効果的に取り入れ、食欲を抑えつつ食事をコントロールしていきましょう。

         

        食前にレモン水や白湯をしっかり飲む

         

        レモン水や白湯を飲むことで満腹感を感じるため、食欲を抑えられます。

        水分を摂取することで胃が一時的に膨らむことから、満足感も得られるんですね。

         

        またレモン水や白湯にはほとんどカロリーが含まれておらず、ノンカロリーで空腹感を満たせて太ることがありません。

        ただし、レモンには塩分や老廃物を排出する「カリウム」を含んでいるため、飲みすぎるとお腹を壊すことがあります。

         

        なので、体調に不安があるときは白湯を飲みましょう。

        白湯であれば37度くらいの温度が一番体に優しいとされているため、飲むときの参考にしてみてください。

         

        【※本気で痩せたい方へ】

        食事制限や運動なし!痩せるホルモン『GLP-1』を体重減少&太りにくい体質になる方法!

         

        食事が終わったら食事の場から離れる・すぐに片付ける

        食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

         

        食事が終わったらその場から離れたり、すぐに片付けることによって、食べ物の刺激や誘惑から遠ざかれます。

        そうすることで、脳が「食事が終わった」と認識するため食欲を抑えられるでしょう。

         

        食事の場にいると食べ物が目の前にあるため、つい食べたくなってしまうんですね。

        なので、食事が終わったらすぐに食べ物から意識を切り離すようにしてみてください。

         

        食欲が湧いてこないような環境にすることが大切なため、食事が終わるとすぐに気持ちを切り替えましょう。

         

        食事以外の時間は、目に見えるところに食べ物を置かないようにしてください。

         

        食べ物が目に見える範囲にあったり、手に届く場所に置いてあるとつい食べてしまいたくなります。

        食欲を抑えられない人は、何かを食べ出すと止まらないことが多いので、食事以外で食べ物を口にできない環境を作りましょう。

         

        また、こちらの記事では「お腹にたまる食べ物」について詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

        腹持ちのいい食べ物24選!お腹にたまる食べ物の特徴や食べ方とは?

         

        低糖質低カロリー・硬い間食を取り入れる

         

        低糖質低カロリーで硬い食べ物を間食に取り入れることで、食欲を抑えられます。

        これにより食事全体のカロリー摂取量を減らせるうえに、食欲を抑える効果が期待できるでしょう。

         

        また低糖質の食品を摂取することで、血糖値の急激な上昇を抑えられます。

        したがって、血糖値の乱高下による食欲の増幅を防げるんです。

         

        さらに、硬いものはよく噛む必要があるため、間食に取り入れると満腹の時間が持続します。

        硬い食べ物として以下を例に挙げるので、参考にしてみてください。

         

        • 素焼きナッツ
        • スルメイカ
        • ドライフルーツ(無添加・砂糖不使用)
        • ビーフジャーキー
        • 小魚チップ

           

          お腹がすいたときは、これらを間食として取り入れてみてもいいのではないでしょうか。

           

          無理な食事制限や運動も不要!1日1回飲むだけのメディカルダイエット

          1日1回飲むだけのメディカルダイエット

          ・本気で痩せたい方は、痩せるホルモン『GLP-1』を使ったメディカルダイエットがおすすめ。

          ・GLP-1は満腹感を持続、血糖値の上昇も抑えるので、食事制限や運動なしで痩せられる。

          ・内臓脂肪の燃焼もサポートしてくれるので、痩せやすく太りにくい身体に。

          ・クリニックフォアなら、1日1回内服薬を飲むだけ、オンライン完結ですぐに始められる。

          \ GLP-1で体重減少&太りにくい体質に /

          ※医師推奨!1日1回内服薬を飲むだけ

           

          生活習慣から食欲を抑える方法!食欲が止まらない生活を変えるには?

          食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

           

          食欲を抑える方法として、日頃の生活にちょっと習慣を加えることで、食欲を無理なく抑えることができます。

          たとえば、このようなことを生活習慣に取り入れることで、食欲を抑えることができるのでおすすめです。

           

          • 食後やお腹がすく時間には歯を磨く
          • 十分な睡眠を取る
          • 日常的に運動をして体を動かすようにする
          • ストレス発散方法を見つける
          • 没頭できる趣味を見つける

           

          無理なくダイエットするには、時間があれば食べてしまう悪い習慣を変えることが大切です。

          そのためには、意識を別の方向に向けることで、できるだけ無駄食いをしない生活に変えていきましょう!

           

          食後やお腹がすく時間には歯を磨く

           

          食後やお腹がすく時間に歯を磨くことで食事の時間が終了し、食事の誘惑を避けられるため食欲を抑えられると言われています。

           

          また歯を磨くと口腔内がスッキリすることから、食後の口の中の余韻を消せるんです。

          さらに、歯磨き粉の味が口の中に広がることで、食欲が湧いてくる味覚刺激を抑えられることも考えられます。

           

          なので、歯磨きは食欲を抑える一定の効果があるといえるでしょう。

          ちなみに、できるだけ刺激の強いミント味の歯磨き粉を使うと、より口の中の爽快感が増すのでおすすめです。

           

          食欲を抑えるための歯磨きは、口の中の爽快感が目的なので、あまり強く磨かないように注意してください。

           

          あまり強く磨くと、歯が削れてしまうことがあるからです。

          口の中がスッキリすれば食欲は抑えられるので、歯磨きの仕方には気をつけましょう。

           

          十分な睡眠を取る

           

          十分な睡眠を取ることは、食欲を抑える効果があるとされています。

          睡眠不足や不規則な睡眠が食欲を調節するホルモンのバランスを崩し、食べすぎにつながるからです。

           

          具体的には、睡眠不足により「レプチン」という飽食中枢を抑制するホルモンの分泌が減少します。

          さらに、「グレリン」という空腹中枢を刺激するホルモンの分泌が増加すると言われているんです。

           

          したがって、十分な睡眠を取ることでこれらのホルモンバランスが正常に保たれ、食欲を抑制します。

          また睡眠を十分に取ると、ストレスホルモンである「コルチゾール」の分泌を抑えられるんですね。

           

          コルチゾールは食物摂取の欲求を高めるため、過剰な分泌は避けたいところです。

           

          十分な睡眠で生活習慣を整え、ホルモンバランスを正常にコントロールして食欲を抑えましょう。

           

          \ 食事制限や運動なしで痩せたい方へ /

           

          日常的に運動をして体を動かすようにする

          食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

           

          日常的に運動をして体を動かすようにすると、食欲を抑えられるとされています。

          運動により、食欲ホルモンである「グレリン」が減少し、逆に食べたい気持ちを失くす「ペプチドYY」というホルモンが増加するからです。

           

          また、運動はストレスホルモンの分泌が抑制されることから、食物摂取の欲求を抑えられます。

          ストレスは過食の原因になるため、意識的に発散していきましょう。

           

          運動はホルモンだけでなく、体内のエネルギーバランスを調整しつつ、食欲をコントロールしています。

          なので適度な運動が食欲を抑制する状態を作り出しやすくするため、積極的に体を動かすようにしてみてください。

           

          とはいえ、働いていて忙しい人はなかなか運動する時間を取れないかもしれません。

           

          まずは、無理なく家でできるエクササイズなどがおすすめです。

           

          体を動かして、食欲から意識をそらすことが目的なので、できることから始めてみてください。

          運動に慣れてきたら少しずつ外でウォーキングやジョギングをしたり、ジムに行ったりするのもいいでしょう。

           

          ストレス発散方法を見つける

          食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

           

          ストレス発散方法を見つけることは、食欲を抑えるのに役立ちます。

          日常的にストレスを溜め込んでいると食欲を刺激し、食べて発散しようとするため過食の原因になってしまうんですね。

           

          なので、食べること以外のストレス発散方法を見つけるのがおすすめです。

          たとえば以下のようなストレス発散方法を試してみてはいかがでしょうか。

           

          • 深呼吸や瞑想、ヨガなどでリラックスする
          • 趣味を持つ
          • 運動をする
          • 友人や家族とのコミュニケーションを深める
          • よく寝る

             

            食べることに意識が向かないように、上記のいずれかを実践して自分なりのストレス発散方法を見つけてみてください。

             

            【※ダイエットでうまく痩せられない方へ】

            満腹感の持続と内臓脂肪の燃焼をサポート!1日1回飲むだけのメディカルダイエットとは?

             

            没頭できる趣味を見つける

             

            没頭できる趣味を見つけることも、食欲を抑えるのに役立つでしょう。

            何かに夢中になっている間は、食欲のことを忘れてエネルギーを注ぐためおすすめです。

             

            また没頭できる趣味を楽しむことで気分転換ができるため、ストレス発散にもつながります。

            さらに、趣味を通じて達成感を味わうことができれば、自然と自信につながり、自己肯定感も高まるのです。

             

            それは精神的に満たされることにより、セルフコントロールが高まるからですね。

             

            このことから食事の食事の誘惑に対しても、より冷静に判断できるようになります。

            加えて、没頭できる趣味に取り組むことで自己成長も促進でき、満足感を感じられるため食欲に逃げない生活ができるんです。

             

            無理な食事制限や運動も不要!1日1回飲むだけのメディカルダイエット

            1日1回飲むだけのメディカルダイエット

            ・本気で痩せたい方は、痩せるホルモン『GLP-1』を使ったメディカルダイエットがおすすめ。

            ・GLP-1は満腹感を持続、血糖値の上昇も抑えるので、食事制限や運動なしで痩せられる。

            ・内臓脂肪の燃焼もサポートしてくれるので、痩せやすく太りにくい身体に。

            ・クリニックフォアなら、1日1回内服薬を飲むだけ、オンライン完結ですぐに始められる。

            \ GLP-1で体重減少&太りにくい体質に /

            ※医師推奨!1日1回内服薬を飲むだけ

             

            サプリなどで食欲を抑える方法!食欲が止まらないのは栄養不足かも?

            食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

             

            サプリメントや特定の栄養素を摂取することで、食欲を抑える方法もあります。

            サプリを飲んだり、食欲を抑える栄養素を摂ったりして体の内側から変えていくのも1つのアイデアです。

             

            • 食欲を抑えるホルモン「レプチン」
            • レプチンの生成に関わる「亜鉛」
            • レプチンの低下を抑制する「ビタミンE」
            • セロトニンのもとになる「トリプトファン」
            • 食欲を抑制する「ヒスチジン」
            • 血糖値の上昇を緩やかにする「食物繊維」

             

            詳しくお話していくので、これらの成分を積極的に摂取してみてください。

             

            【※ダイエットでうまく痩せられない方へ】

            満腹感の持続と内臓脂肪の燃焼をサポート!1日1回飲むだけのメディカルダイエットとは?

             

            食欲を抑えるホルモン「レプチン」

             

            レプチンは体内の食欲を調節するホルモンの一種で、脂肪細胞から分泌されます。

            まず、レプチンには食欲を抑制する役割があり、脂肪細胞から分泌されたあとは、脳の視床下部にある食欲を調節してくれるのです。

             

            また、レプチンは食後に増加することが多く、満腹感を促進することで食欲を抑える効果があるとも言われています。

             

            その他にもレプチンには、糖の代謝を改善する役割もあるんです。

            糖の代謝に関わるインスリンの分泌を調節することで、血糖値の急激な上昇を抑制するため、食欲を抑えられます。

             

            ちなみに、以下の方法を実践するとレプチンが活性化されると言われているため、参考にしてみてください。

             

            • よく噛んでゆっくり食べる
            • 体脂肪を減らす
            • 十分な睡眠を取る

               

              反対に高脂肪の食事ばかりだったり、肥満体質だったりするとレプチンが正常に働きづらくなるため、注意しましょう。

               

              レプチンの生成に関わる「亜鉛」

              食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

               

              亜鉛は、レプチンの生成に関与する重要なミネラルの一つです。

              なので、サプリや食材から積極的に亜鉛を摂取するようにしましょう。

               

              レプチンの生成を助ける亜鉛は脂肪細胞の中に存在し、合成したり分泌を促進する働きを持っています。

              また亜鉛には、レプチンの感受性を改善する役割もあるんです。

               

              レプチンは脳の中枢神経系に作用して食欲を調節するため、感受性が高まることで食欲を抑制できると言われています。

              ちなみに亜鉛を多く含む食品として以下を挙げるので、参考にしてみてください。

               

              • 納豆
              • 昆布
              • スルメ
              • 牡蠣
              • 牛肉
              • 鶏肉
              • 豚肉
              • レバー
              • ごま
              • ココア
              • のり
              • ワカメ
              • ブロッコリー

                 

                これらを積極的に食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

                 

                【※体重減少&太りにくい体質に】

                痩せるホルモン『GLP-1』が多い人ほど太りにくい!今注目のGLP-1ダイエットとは?

                 

                レプチンの低下を抑制する「ビタミンE」

                 

                ビタミンEはレプチンの低下を抑制する可能性があると言われています。

                名前が広く知られている「ビタミンE」はサプリで気軽に摂取できるので、飲んだことがある人もいるのではないでしょうか。

                 

                ちなみにレプチンの役割は、脂肪細胞から分泌されることで食欲を抑制し、エネルギー代謝を調節することです。

                そこで、体内での脂質代謝に関与しているビタミンEが、レプチンの低下を間接的に抑制する可能性があるんですね。

                 

                また、ビタミンEは肥満体質の人のレプチンの抵抗性を改善するとも言われています。

                 

                ただし、ビタミンEがレプチンの低下を抑制するかどうかは研究段階にあるため、はっきり「効果がある」とは言い切れません。

                いずれにせよ、ビタミンEが健康を維持するための重要な栄養素であることは確かです。

                 

                ビタミンEが豊富な食材として、アーモンドやドライトマト・ツナ缶・イワシ缶などが挙げられます。

                 

                なので、これらを食事に効果的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

                 

                セロトニンのもとになる「トリプトファン」

                食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

                 

                トリプトファンは、体内でセロトニンという神経伝達物質の合成に使われる、必須アミノ酸の一つです。

                あまり耳馴染みのない人もいるかもしれませんが、トリプトファンにもサプリがあります。

                 

                トリプトファンを摂取することでセロトニンの合成が増え、食欲を抑えられると言われているんです。

                ただし、必須アミノ酸は体内で合成されないため、食事やサプリから摂取する必要があるんですね。

                 

                トリプトファンはタンパク質を構成するアミノ酸の中の一つであり、肉・魚・卵・乳製品・大豆・ナッツなどに含まれています。

                これらを積極的に摂取して、セロトニンの分泌を活性化させましょう。

                 

                セロトニンは食欲を抑える以外にも、気分の安定や睡眠の調節、ストレス減退などに関与しています。

                 

                いずれも精神を正常に保つために必要なことなので、トリプトファンを摂取してセロトニンを作り出しましょう。

                 

                \ 食事制限や運動なしで痩せたい方へ /

                 

                食欲を抑制する「ヒスチジン」

                 

                ヒスチジンは必須アミノ酸の一つであり、食欲を抑えるとされるセロトニンの合成に必要な物質です。

                またヒスチジンには、免疫機能の向上や組織修復および鉄の吸収の促進などの生理的な役割があります。

                 

                ヒスチジンを多く含んでいる食材は以下のとおりです。

                 

                • マグロ・カツオ・ブリ・サバ・サンマなどの青魚
                • 鶏むね肉・豚赤身肉などの肉類
                • チーズ・ヨーグルトなどの乳製品
                • 大豆・きな粉などの大豆製品

                   

                  できるだけこれらの食材を摂取したり、サプリを飲んだりして体内でヒスチジンを生成できるようにしましょう。

                  そうすることで、自然に食欲を抑えられるようになるはずです。

                   

                  血糖値の上昇を緩やかにする「食物繊維」

                   

                  食物繊維は、消化酵素によって分解されずに大腸まで到達する性質を持ちます。

                  ”便秘の予防をはじめとする整腸効果だけでなく、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下など、多くの生理機能が明らかになっています。”

                  引用:厚生労働省

                   

                  とあるように、食物繊維が血糖値上昇を抑制するんですね。

                  急激な血糖値の上昇は食べすぎにつながるので、食物繊維は食欲を抑えるのに重要な役割を担っていると言えます。

                   

                  また食物繊維は、炭水化物の消化と糖の吸収を緩やかにするとも言われているため、痩せたい人に必須の栄養素です。

                  なお、食物繊維はこんにゃくやきくらげ・海藻類に多く含まれるので、食事の参考にしてみてください。

                   

                  食事から摂るのがむずかしい人は、サプリを飲んでみてはいかがでしょうか。

                   

                  【※ダイエットでうまく痩せられない方へ】

                  満腹感の持続と内臓脂肪の燃焼をサポート!1日1回飲むだけのメディカルダイエットとは?

                   

                  食欲を抑えるために避けるべき食品!止まらない食欲は食習慣が原因?

                  食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

                   

                  食欲を抑えるために避けるべき食品があります。

                  たとえば、以下のような食品を控えることで過剰な食欲を抑えることができ、正常な食生活を送ることができるのです。

                   

                  • GI値の高い炭水化物メインの食べ物
                  • 糖質・脂質が高い食べ物
                  • 砂糖・甘味料を多く含む食べ物・飲み物

                   

                  では、なぜこれらの食品を避けるべきなのかについてお話ししていくので、ぜひ参考にしてみてください。

                   

                  GI値の高い炭水化物メインの食べ物

                   

                  GI値(グリセミックインデックス)は、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示すものです。

                  GI値が高い食品は一気に血糖値を上昇させると言われているため、血液中の糖を処理するために多量のインスリンが分泌されます。

                   

                  多量のインスリンが分泌されると、それが原因で食欲旺盛になってしまうんです。

                   

                  GI値が高い食品の代表は、ご飯・パン・麺類などの主食と言われる炭水化物となります。

                   

                  主食と言えど、ご飯・パン・麺類などの炭水化物をメインに食べていては一向に食欲を抑えられません。

                  少なくとも、エネルギー消費の少ない夜は炭水化物を控えるなど、工夫しつつ徐々に摂取量を減らしていきましょう。

                   

                  そうすることで、自然に食欲も抑えられるようになるはずです。

                   

                  糖質・脂質が高い食べ物

                   

                  一般的に、糖質や脂質が高い食品を多く摂取している人は、食欲が旺盛になると言われています。

                  というのも糖質や脂質が高い食品は、血糖値の乱高下を引き起こす可能性が高いからです。

                   

                  血糖値の乱高下は食欲を増す原因となり、加えて糖質や脂質が高い食品はカロリーも高くなりがちになります。

                  いずれにせよ食べ過ぎの原因になるんです。

                   

                  また、糖質や脂質が高い食品は嗜好性が高く、食べ始めると過食を招く可能性があります。

                   

                  嗜好性の高い食品は、摂取に慣れてしまうと体が欲してしまい、制御が難しくなるんです。

                   

                  食後しばらくすると、また食べたくなるといった負のスパイラルに落ちてしまいがちなので、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

                   

                  【※体重減少&太りにくい体質に】

                  痩せるホルモン『GLP-1』が多い人ほど太りにくい!今注目のGLP-1ダイエットとは?

                   

                  砂糖・甘味料を多く含む食べ物・飲み物

                   

                  砂糖や甘味料を多く含む食べ物や飲み物は、食欲を刺激する可能性があります。

                  甘い食べ物や飲み物は、血糖値の急激な上昇を引き起こしがちだからです。

                   

                  血糖値が緩やかで安定した動きでなければ、食欲を抑えられなくなったり過食になったりします。

                  また砂糖や甘味料を多く含む食べ物や飲み物には、中毒性があるんですね。

                   

                  甘い食べ物や飲み物が脳内の快楽中枢に作用して、ドーパミンの放出を促すことが明らかになっています。

                  ドーパミンは快感や報酬の感覚を制御する神経伝達物質であり、甘いものを摂取することで脳内で快感が生じるんです。

                   

                  その快感を求めて、食欲が増進するとされています。

                  普段から甘いものを食べたり飲んだりしている人は、自分の意志に反して摂取しているかもしれません。

                   

                  もし食欲を抑えたいのであれば、意識的に甘いものを避けるようにしてみてください。

                  食欲を抑えるにはツボも効果的!止まらない食欲をコントロールしよう!

                  食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

                   

                  ここからは、食欲を抑えると言われているツボを以下のとおりご紹介していきます。

                   

                  • 食欲を和らげる「胃点(いてん)」
                  • 食欲を抑える「飢点(きてん)」
                  • 食欲を抑える「胃・脾・大腸区(いひだいちょうく)」
                  • 食欲をコントロールする「肺(はい)」
                  • ホルモンバランスの乱れによる過食を防ぐ「内分泌」
                  • ストレス緩和・自律神経に効果的「神門(しんもん)」

                   

                  ツボを刺激しつつ、食欲を上手にコントロールしていきましょう!

                   

                  \ 食事制限や運動なしで痩せたい方へ /

                   

                  食欲を和らげる「胃点(いてん)」

                   

                  「胃点(いてん)」は、伝統的な中国医学や鍼灸におけるツボの一つで、胃の働きを調整したり不調を緩和したりすると言われています。

                   

                  胃点の場所は耳で、中央付近のくぼみのすぐ下の軟骨部分にあるんですね。

                  とても小さいツボで指の腹ではなかなか押せないため、米粒などの硬いものを人差し指に固定して刺激するのがいいでしょう。

                   

                  胃点を刺激することで空腹による不快感を抑えられます。

                   

                  そのため、食欲が湧いてきたら胃点を押さえてみると、気持ちが落ち着くかもしれません。

                  気軽にできる方法なので、一度試してみてはいかがでしょうか。

                   

                  食欲を抑える「飢点(きてん)」 

                   

                  「飢点(きてん)」は、食欲を抑制できるとされる耳にあるツボです。

                  耳の穴の前、顔よりの小さな軟骨のくぼみ付近にあるツボが飢点になります。

                   

                  飢点を刺激することで、インスリンの分泌を抑えつつ食欲減退にもつながると言われているんです。

                  食事を控えながらダイエットをしたい人に、おすすめのツボなのでぜひ試してみてください。

                   

                  なお、飢点はとても小さなツボなので、綿棒の先などを使いピンポイントで刺激してみるといいでしょう。

                  人によっては少し痛みを感じる場合もあります。

                   

                  無理のない範囲で、食事の15分ほど前に片方につき3分ほど刺激してみてください。

                  最初は鏡を見てツボの位置を確認しながら、片方ずつやってみることをおすすめします。

                   

                  食欲を抑える「胃・脾・大腸区(いひだいちょうく)」

                  食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

                   

                  「胃・脾・大腸区(いひだいちょうく)」は、手にあるツボです。

                  手のひらの親指の付け根から手首にかけて広がっているツボで、まんべんなく刺激することで食欲を抑えらえるとされています。

                   

                  指を曲げたときに、中指の先が手のひらに当たる位置を中心に、親指の付け根から手首にかけて押していきましょう。

                  ツボは、親指で3秒押して3秒休むやり方がもっとも効果的です。

                   

                  弱すぎても強すぎても刺激にならないので、「イタ気持ちいい」強さで押してみてください。

                  手のひらに関しては、特別な道具を用意する必要はありません。

                   

                  スキマ時間などにツボ押しする習慣をつけて、食欲を抑えるようにしましょう。

                   

                  【※ダイエットでうまく痩せられない方へ】

                  満腹感の持続と内臓脂肪の燃焼をサポート!1日1回飲むだけのメディカルダイエットとは?

                   

                  食欲をコントロールする「肺(はい)」

                   

                  「肺(はい)」は耳の真ん中あたりのくぼみにあるツボです。

                  食欲を抑えたり、代謝をアップさせたりすると言われています。

                   

                  耳にあるツボは小さく、指先ではピンポイントで刺激できないことがあるため、綿棒などを使ってみてください。

                  綿棒は先が柔らかいため、耳を傷つけることなく安全に使えます。

                   

                  また、シールやジュエリーなどで耳のツボを刺激するのもいいでしょう。

                   

                  うまく耳のツボが刺激できなかったり、場所がわからない場合は、整骨院での施術をおすすめします。

                   

                  プロの施術を受けると確実にツボを刺激できるうえに、正しい場所も教えてもらえるでしょう。

                  耳のツボは場所の特定が意外とむずかしいので、プロに教えてもらうことをおすすめします。

                   

                  ホルモンバランスの乱れによる過食を防ぐ「内分泌」

                  食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

                   

                  耳の穴のくぼみにある「内分泌」は、ホルモンバランスを司る重要なツボです。

                  内分泌を刺激し、ホルモンバランスが整うことで過食を防げるんですね。

                   

                  内分泌を押さえることで、徐々に太りにくく痩せやすい体質に変わっていくとされています。

                   

                  食欲を抑えられない理由が、ストレスなのかホルモンバランスなのかはわかりません。

                  ですが「内分泌」を刺激することで、ホルモンバランスを整える以外にもデトックスや代謝アップにもつながります。

                   

                  なので、耳のツボ押しは気軽にできるため、まずはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

                   

                  【※体重減少&太りにくい体質に】

                  痩せるホルモン『GLP-1』が多い人ほど太りにくい!今注目のGLP-1ダイエットとは?

                   

                  ストレス緩和・自律神経に効果的な「神門(しんもん)」

                   

                  ストレスを緩和したり、自律神経を正常に保ったりするのに効果的なツボは「神門(しんもん)」です。

                  過食になる原因は、ストレスの可能性があることをお伝えしてきました。

                   

                  また、自律神経が乱れると正常な判断ができなくなるため、食欲が抑えられなくなることが考えられます。

                  つまり神門を刺激することで、過食の原因となるストレスと自律神経の乱れを改善できるんです。

                   

                  神門の場所は、手のひら側の手首のしわ付近、小指に近いほうにあります。

                  親指の腹で軽く圧迫するように刺激してみてください。

                   

                  また神門は、不眠症に効くとも言われています。

                  睡眠障害も過食の原因となることが多く改善すべきところなので、ぜひ神門のツボを刺激してみましょう。

                  食欲を抑える方法についてよくある疑問を解決!自分に合った方法が大事

                  食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

                   

                  食欲を抑える方法について、以下のとおりよくある疑問に回答していきます。

                   

                  • 直接的に食欲を抑えるサプリは存在するのか?
                  • 漢方薬で食欲を抑える方法があるのは本当か?
                  • 食欲抑制剤は市販で購入することができるのか?

                     

                    それぞれ詳しくお話していくので、さっそく見ていきましょう!

                     

                    直接的に食欲を抑えるサプリは存在するのか?

                     

                    一般的に、食欲を直接的に抑えるサプリメントはありません。

                     

                    食欲は体の中での複雑なプロセスによって制御されており、単一のサプリメントだけで効果的に抑えることは難しいとされています。

                    そもそもサプリは薬ではないため、飲んですぐ効くことはないんです。

                     

                    長期的に飲むことで、補助的な役割として食欲をある程度抑えられることはあるかもしれません。

                    また、サプリに含まれているハーブや植物由来の成分が、食欲を抑えることもあるでしょう。

                     

                    いずれにせよ、サプリの成分が直接体内で食欲を抑える、というような科学的証拠は揃っていません。

                    なので生活習慣を整えつつ、補助的な意味でサプリを飲むといいのではないでしょうか。

                     

                    \ 食事制限や運動なしで痩せたい方へ /

                     

                    漢方薬で食欲を抑える方法があるのは本当か?

                    食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

                     

                    漢方薬には、食欲を抑える効果があるものもあります。

                    たとえば、食欲を抑える「防風通聖散」・「大柴胡湯」や空腹感を緩和する「八味地黄丸」・「潤腸湯」などです。

                     

                    また、苦みのある漢方薬が食欲を減退させるという説もあります。

                    ただし、基本的に生活習慣や食事の仕方を変えることによって食欲を抑えていくのが自然な方法です。

                     

                    あくまでも漢方薬は食欲を抑える補助的な役割と捉え、まずは生活改善を心がけましょう。

                     

                    食欲抑制剤は市販で購入することができるのか?

                     

                    一般的に「食欲抑制剤」と呼ばれているものは、医師の処方が必要です。

                    厚生労働省が正式に認可している「サノレックス」などの食欲抑制剤は、市販することを禁止しているんですね。

                     

                    ただし、市販品で「食欲を抑える」と謳っている商品もありますが、サノレックスのような効果はありません。

                    市販で購入できるものは有効成分が少なく、比較的誰でも飲めるように作られています。

                     

                    具体的には以下のような薬が挙げられるので、参考にしてみてください。

                     

                    • 防風通聖散
                    • コッコアポL
                    • 抑肝散加陳皮半夏エキス

                       

                      これらの市販薬は、人によっては食欲をあまり抑えられないこともあるでしょう。

                      食欲が抑えられなくて本当に悩んでいる人は、一度医師に相談してサノレックスなどを処方してもらうことをおすすめします。

                       

                      ちなみに、サノレックスの主成分である「マジンドール」は、向精神薬の一種として厚生労働省に登録されているものです。

                      なので、薬局やドラッグストア、通販などでは買えません。

                       

                      また、すべての医療機関がサノレックスを取り扱っているわけではないため、病院に行く際は確認してみてください。

                       

                      まとめ

                      食欲を抑える方法を徹底解説!食欲をなくすにはどうすればいい?

                       

                      今回は、『食欲を抑える方法』について詳しくお話してきました。

                      まずは、以下のような食欲を抑えられない原因を排除していきましょう。

                       

                      • ストレス・疲れ
                      • 過度な食事制限・糖質制限による栄養不足
                      • 睡眠不足
                      • 不規則な食生活
                      • ホルモンバランスの乱れ

                         

                        その上で、すぐに食欲を抑えられる方法を以下のとおりご紹介しました。

                        すぐに食欲を抑えられる方法
                        • 歯を磨く・マウスウォッシュで口をゆすぐ
                        • 白湯や炭酸水・レモン水を飲む
                        • 運動やエクササイズをする
                        • 清涼感のあるガムを噛む
                        • 熱中できるようなことに取り組む
                        • 気分が悪くなるようなことをする

                           

                          また、日常生活に取り入れたい習慣を以下のとおり取り上げたので、ぜひ実践してみてください。

                          日常生活に取り入れたい習慣
                          • 食事時間を20分以上確保する・よく噛んで食べる
                          • 野菜から食べはじめ糖質を最後にする
                          • 食事を規則正しく3食食べる
                          • 適度な量の糖質を摂取する
                          • 脂肪分の少ない良質なたんぱく質を摂取する
                          • 食前にレモン水や白湯をしっかり飲む
                          • 食事が終わったら食事の場から離れる・すぐに片付ける
                          • 低糖質低カロリー・硬い間食を取り入れる

                             

                            生活習慣を変えることも非常に重要で、具体的には以下のとおりです。

                            食欲を抑えるために身につけたい生活習慣
                            • 食後やお腹がすく時間には歯を磨く
                            • 十分な睡眠を取る
                            • 日常的に運動をして体を動かすようにする
                            • ストレス発散方法を見つける
                            • 没頭できる趣味を見つける

                               

                              またサプリや栄養素を効果的に取り入れたり、ツボを刺激したりすることも食欲減退につながるので、ぜひ参考にしてみてください。

                              今回ご紹介した内容ですぐに実践できそうなことは、積極的に取り入れてみましょう!

                               

                               

                              無理な食事制限や運動も不要!1日1回飲むだけのメディカルダイエット

                              1日1回飲むだけのメディカルダイエット

                              ・本気で痩せたい方は、痩せるホルモン『GLP-1』を使ったメディカルダイエットがおすすめ。

                              ・GLP-1は満腹感を持続、血糖値の上昇も抑えるので、食事制限や運動なしで痩せられる。

                              ・内臓脂肪の燃焼もサポートしてくれるので、痩せやすく太りにくい身体に。

                              ・クリニックフォアなら、1日1回内服薬を飲むだけ、オンライン完結ですぐに始められる。

                              \ GLP-1で体重減少&太りにくい体質に /

                              ※医師推奨!1日1回内服薬を飲むだけ

                               

                               

                              よかったらシェアしてね!
                              • URLをコピーしました!
                              • URLをコピーしました!
                              目次